適切な治療を

口紅を塗る女性

現在の取り組みやトレンド

顔にざらざらとした出来物を見つけた場合、それは老人性イボの可能性があります。 老人性イボは最初は1ミリから2ミリと小さいものができますが、そのままにしておくとだんだん大きくなっていきます。 名前の通り年齢を重ねていくと皮膚に出てくる人が増えるのが特徴で、ほくろのように濃い色をしているのもあれば、しみのように茶色いもの、皮膚に近い肌色など様々です。 老人性イボは正式名称は「脂漏性角化症」と言い、皮膚科や美容クリニックへ行くと簡単に治療で取ることができます。大きくなってからより小さいうちの方が電気焼却などで簡単に治療が済みます。 老人性イボは時には痒みが出てくることがありますが、治療でイボを取ってしまうと痒みもなくなります。

現在では医療技術の進歩が目覚ましく、シミやイボ、ニキビなどの肌トラブルに関してはたいていの場合、治療によって見た目をきれいにすることが可能になっています。 イボやニキビの治療に関しては一般の皮膚科でも治療が可能ですが、最近ではしみやたるみ、ニキビ跡の改善など美容を目的とした治療も行う「美容皮膚科」や「メディカルエステ」などが増加しています。 美容皮膚科やメディカルエステは医学的根拠に基づいた治療を医師が行ってくれるため、患者にとっても安心感が得られるのが人気の理由の一つとなっています。 肌の治療は若返り術とも呼ばれていますが、現在では様々なレーザーを照射することによって気になる部分を改善していく手法が多く取り入れられています。

このエントリーをはてなブックマークに追加