跡を残さないために

メイク道具

ニキビ跡のタイプについて

ニキビが治った後にニキビ跡が残ってしまう場合があります。 ニキビの炎症によって肌がダメージを受けてしまったり、ついニキビを潰してしまったりなど、肌が刺激を受けてしまうとニキビ跡が残ってしまいます。 一番多いのが赤らみタイプです。 表面のニキビが治っていても、肌の内側ではまだ炎症が治りきっていない場合に起こりやすいニキビ跡です。 また、ニキビが刺激を受けてしまうとメラニンが作られてしまって、シミのような色素沈着が残ってしまいます。 ニキビ跡が黒ずんでいたり薄茶色になっているのが、このタイプです。 そして、肌がでこぼこになってしまうニキビ跡もあります。 ついニキビを潰してしまったり、気になってしょっちゅう触っていたりすると、治った跡にクレーターのようなでこぼこができてしまいます。 ニキビ跡にはリプロスキンのような専用のケア用品を使用して、根気よく治していくのが良いでしょう。

ニキビ跡専用化粧水のリプロスキン

ニキビ跡専用の導入型化粧水がリプロスキンです。 ネットでも大評判になっていて、ニキビ跡に効果がありニキビ予防にも最適だと、高い評価を受けています。 導入型化粧水というのは、硬くなった肌の表面を柔らかくしてくれて、肌のターンオーバーを整える働きがあります。 リプロスキンには肌を健やかな状態にしてくれて、肌が本来持っている回復力や修復力を高める作用があります。 根本的な肌の機能を高めることによってニキビ跡を治していくので、肌が全般的にきれいになるというメリットがあります。 そして、リプロスキンにはナノサイズの美容成分がしっかりと配合されていて、肌の土台を整えながら有効成分を肌の内側へと届ける働きがあります。 肌のターンオーバーは28日周期ですから、きれいな肌になるためにも3ヵ月程度は使い続けるのが良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加