遺品整理と不用品回収の違い

遺品整理と不用品回収、どちらも「室内の片付け」に関するサービスですが、それぞれでサービス内容が異なります。いずれかのサービスを利用するという場合には、まず違いについて知っておくべきでしょう。

遺品整理と不用品回収を比較する

遺品整理

遺品整理は故人の住宅や部屋を対象としたサービスで、住空間の清掃から市役所での手続き代行まで、遺族の代わりに行ってくれます。主に故人と遺族をサポートするサービスが主体なため、不用品回収に比べて、親切に対応してくれることが多いようです。

不用品回収

一方、不用品回収は建物内にある不用品を処分するためのサービスで、故人・遺族でなくても利用することが可能です。不用品回収は形見分けなどは対応しておらず、依頼された不用品のみを回収します。遺品整理に比べて、料金はリーズナブルです。

理想的な遺品整理

遺品整理は、故人と親しい関係にあった身内の方が時間をかけて片付けるということが理想的です。しかしながら、以下のケースに該当する場合には、プロの遺品整理業者に任せた方がいいでしょう。

業者に依頼した方がいいケース

退去が決まっているとき

故人が賃貸物件に住んでいた場合、早めに明け渡ししないと家賃滞納でのトラブルに巻き込まれる可能性があります。賃貸物件での退去が決まっている場合にも、同様に遺品整理を業者へ依頼しておきましょう。

近親者がいないとき

最近、少子化や核家族の影響から身寄りがいないという方もいらっしゃいます。近親者がいない方の遺品整理には抵抗があり、形見分けも手間取ることでしょう。そのようなケースの場合には、大人しく業者に依頼する方が無難です。

遺品整理が進まないとき

故人が急に亡くなってしまうと気持ちの整理がつかず、遺品整理がなかなか進まないということも十分に考えられます。特に、親しかった遺族だと思い出の品を処分できず時間がかかります。精神面をケアするといった意味でも、遺品整理を依頼するべきでしょう。

ゴミ屋敷化しているとき

故人の住宅や部屋がゴミ屋敷化しているときは、なるべく遺品整理はご自身では行いたくないでしょう。しかも、ゴミ屋敷化していると1人では到底片付けるのは不可能です。遺品や形見をしっかりと分けるためにも、業者に依頼することをオススメします。

遠方に住んでいるとき

ご自身が遠方に住んでいるときは、遺品整理のために故人の住宅・部屋に行くことは難しいことでしょう。新幹線や電車に乗っていくという手段もありますが、その場合には片付けや手続きで何度も往復することになります。それなら遺品整理を依頼する方が安くなる可能性も高いです。

遺品整理サービスを利用しよう!業者の正しい選び方

手

遺品整理の必要性

最近は宝塚をはじめ、全国各地で遺品整理サービスを業者に依頼する方が増加しています。それに伴い、遺品整理業者の数も年々増えており、遺品整理士の存在も重要視されるようになりました。遺品整理サービスは故人が残した大切な遺品を丁寧に仕分けするためにサポートしてくれます。正しく遺品を処分するためにも、遺品整理サービスは利用するべきでしょう。

遺品整理の相場

遺品整理サービスにかかる費用は、部屋の間取りや遺品処分費、運搬費、作業費などによって異なるため、具体的な数字は見積もるまでわかりません。そのため、相場について知りたいなら複数の業者に見積もっておくといでしょう。複数の業者から見積もっておけば、そこから遺品整理の平均的な料金を割り出すことができるはずです。

業者の選び方

遺品整理サービスに対応してくれる業者は、便利屋、リサイクルショップ、引っ越し業者など、その形態は様々です。しかし、遺品整理を依頼するのなら、できれば専門業者に依頼したいところです。専門業者は「専門」というだけあって、料金もリーズナブルですし、何より実績が高いので信頼できます。そのため、専門業者がオススメなのです。

[PR]
奈良で好評な遺品整理業者!
特殊清掃も行なってくれる☆

広告募集中